援助交際をしたいときには隠語も知ってから探そう

援助交際をしたいときには隠語も知ってから探そう

援助交際をしたいとなったら、今だとネットを使うのが当たり前です。そんな援助交際もネットを見るときには、ちょっと注意も必要だと知っていましたか。

援助交際の隠語の背景

援助交際も男性からも、女の子からもあまりいいイメージはもっていません。とはいえ、男性からしたらエッチのチャンスはありますし、女の子からしたらお金をもらえたりします。
一応それぞれにメリットはあります。

しかし、周りにバレる恐れもあります。知り合いにバレる恐れもありますが、その出会い系サイトや出会い系掲示板の管理者にバレてしまい、利用できなくなる恐れがあります。

そんなリスクを回避したり、援助交際をしやすくするためにもといって、ネットでは援助交際の隠語が出てきました。

どんな隠語があるのか

まずは、苺があります。これは援助交際の援助代金が15000円という意味です。
他の言い方として、10000円ならば諭吉1枚とかもあります。
あと、お金にからむものでは、ホ別やホ代別があります。これは援助代とホテル代は別で、そのホテル代は男性が払ってと言う意味です。

次はアンダーです。これは18歳未満のことで、知っていても知らなくても援助交際をすると捕まるので、避けましょう。

あと、エッチに関連することでは、NSがあります。これはコンドーム無しでのエッチとなります。逆はゴ有とかになります。また生外というのもあり、これは生での本番はありたが、射精は外と言う意味です。NSや生外となると、かなり値段は上がります。

隠語を知ってから探そう

あとは分かる人というのもあり、これは援助交際してくれる人という意味です。
隠語を知っておく方が、援助交際相手を探しやすいので、覚えておきましょう。

関連記事一覧: